B級ブログ

himao.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 28日

三国無双にハマりました

a0032792_19384112.jpg
ひさしぶりにゲームにハマっています。
それも今どき、『真・三国無双2』に。

10日ほど前に買ってきたんですが、もう4日も徹夜してるので、「ハマった」と言っていいかと思います。
こんなにハマったのは、『機動戦士ガンダム 連邦vsジオン』以来です。


事の起こりはこうでした。
なにげなく通りかかったので、ひさしぶりにゲームショップを覗いてみると、コーエーから「戦国無双2」が新発売されていました。
ひらたくいうと、「三国無双」の舞台を日本の戦国時代に置き換えたゲームです。

もともと僕は三国志や日本中世(というか東洋史)に興味を持てない人間です。
大学時代に友人たちが、コーエーのシミュレーションゲーム「三国志」シリーズにハマり、
狭いアパートに8人も集まっては徹夜でプレイしているのを見て
半分あきれ、半分うらやましく思っていました。

それに反射神経もゼロなので、アクション・シミュレーションと銘打っている無双シリーズは、僕とは縁のない存在だと思っていました。

ところがお店のラインナップを見てみると、

  三国無双1,2,3
  戦国無双1,2

と、ずらりと並んでいるではありませんか。

この他にもバージョンアップ版と思われる、「真・三国無双」とか「三国無双 猛将伝」などもあります。

たしかファミ通の評価もすこぶる良かったぞ。

インベーダーゲーム時代からのゲームファンとしては、一応おさえておくべきものではなかろうか。

僕の心はそう傾いていったのです。


値段を見ると、2000円。
映画1回分。
ゲームが全然つまらなかったとしても、これくらいなら「捨てた」と思っても惜しくない金額です。
なにしろこれで人気ゲームの実態が掴めるんですから。

そういうわけで、帰りのカバンの中には、『真・三国無双2』が納まっていたというわけなのです。


さて、家に帰ってプレイしてみました。


ふむふむ、基本はアクションゲームなんだな。
プレイヤーは、中国は三国時代の武将の1人になって、なみいる敵をなぎ倒していく、と。

自分の体力が尽きて死んでしまってもゲームオーバーだけど、
目の前の敵に夢中になって、大局を見失い、自軍の総大将を倒されてしまってもゲームオーバー。
ここらへんがシミュレーションと名づけてるゆえんか。

で、敵の総大将を倒せば、1面クリア、と。


なるほど、確かにアクションゲームでありながら、シミュレーション性も充分にあるな。
数百人の敵をバッタバッタとなぎたおしていく爽快感はクセになりそう。
しかも小難しいところは全部バッサリと切り捨ててあって好感が持てる。
1面が平均15分~1時間程度で終わるところもいい。

なになに、1キャラ7面でクリア。エンディングが見られる。
それを全キャラ繰り返すのね。
え、これってキャラ何十人いるの。たしか三国志の武将って・・・

このあたりで、ちょっと青ざめてきました。

最初は魏・呉・蜀3人ずつ、あわせて9人の武将しか使えないんですが、クリアしていくにつれ、武将の数が増える増える。
好きな人にはたまらんでしょうなぁ。

でも、プレイ時間が・・・

現在、5人の武将をクリアしてますから、
1面40分として計算すると、

40分X7面X5人÷60分=23時間強

あれ? 4日徹夜したんだけどな。
こりゃ、かなり負けてやり直してるな。
簡単モードなのにダメダメですね、私。
やっぱ反射神経ないわ。

まあ、新しい武将が手に入るたびに、チャレンジモードで延々試し斬りなんぞやっとるのもイカンのでしょうが。


さて、気になるお値段のほうですがw

面によっては武将が変な動きをする(護衛しなければゲームオーバーになってしまう)ことがあるので、
1回でクリアしていこうと思ったら、攻略本が必要です。
コーエーが出している「コンプリートガイド」の下巻を買いました。

ところが武将のことも知りたくなっちゃって、上巻も買ってしまいました。
僕は妙にケチって「マニアックス」から買ってしまったので、

計5400円の出費。

しまった、合わせて7000円以上使ってるやん!

「戦国無双2」余裕で買えたやん!


しかし面白い。
シミュレーション版三国志をやっても、横山光輝のマンガ版三国志を読んでも、面白さが分からなかった僕が、
はじめて三国志モノにハマりそうです。
[PR]

by himaohimao | 2004-09-28 19:38 | ゲーム


<< 『スペース1999』      裏ボケ大賞 受賞の弁 >>