2004年 10月 22日

見ないほうがよかった最終回(アニメ版スパイダーマン)

a0032792_2384458.jpg

アニメ版スパイダーマンの最終回を見ました。
映画『スパイダーマン』から派生し、アメリカで制作されたものです。

アメリカの活劇ドラマの最終回って、主人公が危機に陥ったところで終わるのが通例です。
これは視聴者に 次回を見たいと思わせて、続編制作を狙っているからです。

今回もそのパターンだろうなと思って見ていました。


ところがところが。


最終回の内容を簡単に説明すると…

敵はテレパシーを使って相手に幻覚を見せ、自在に操れるエスパー。
スパイダーマンは敵に操られ、敵だと思って知り合いの女性をビルから突き落としてしまう。
知人は病院に運ばれ意識不明。
当然、社会は非難轟々。
最終的にエスパーは倒せたけど、スパイダーマンが市民をビルから突き落としたという事実は消えない。
知人も意識不明のまま。
悪漢は倒したけれど、スパイダーマンの疑いは晴れない、という結末なんです。

スッキリしない終わり方です。

娯楽作品なんだから、もっと爽快感が欲しい。

この場合だと、こういう風に持っていって欲しかった。

敵は生き延び、人々はピンチになる。
だけど主人公の疑惑は晴れ、
「さあこれから敵をやっつけに行くぞ!」

というのが、スカッとして続きも見たくなるエンディングだと思うんですね。

その点、この最終回は その逆で、イヤな感じだけが残り、失敗だったと思います。


製作者の意図は分かります。

スパイダーマンは、アメコミ初めての「悩めるヒーロー」だったのですから、
悩める結末にしたかったのでしょう。

最初から人間のライバルが出てきて、ガールフレンドを巡ってイジケたり、
宿題が間に合わなくて単位が危なかったり、
スパイダーマン稼業に忙しくてバイトができなくてデート代が捻出できなかったり、
コミックの方でもいろいろありましたからねぇ。

でも、この最終回はないですわな。
まあ、映画の第2弾もヒットしたようですし、きっと作られるであろう続編に期待しましょう。

次回はもっと人間関係をスカッとしたものにして欲しいです。
主人公が悩みながらも爽快感のあるドラマ。
難しいかなぁ。
[PR]

by himaohimao | 2004-10-22 02:38 | アニメ


<< 『ロード・オブ・ザ・リング 王...      『スペース1999』 >>