B級ブログ

himao.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 12日

X-ウイング

a0032792_162210.jpgやっと一番好きなSF映画について話せる~\(^O^)/

『スター・ウォーズ』(旧3部作)です。

いえ、エピソード1,2も好きですよ。でも、少年の日に観た感激は忘れられないものです。
僕のSFとの2回目の衝撃的な出会いでしたね。
(1度目は小学3年生のとき、学校の図書館で出逢った「ちくま少年少女SF文庫」でした。)

スター・ウォーズについて語ると、とても1日では終わりません。
ですから今宵はこれまでにしとうございます。


なんて言ったら、どこかから石が飛んできそうなので、今日は僕が2番目に好きな戦闘機
X-ウイング(写真)についてだけ語ろうと思います。
(1番好きなのは TIE-ファイターシリーズ)

みなさんご存知のとおり、正義の味方 反乱軍の主力戦闘機にして主人公の搭乗機であります。
戦闘時には両翼が開いて十文字になるのにはシビれました。(しつこいですけど写真)

実は僕、これの実物大模型を見たことがあるんです。
十数年前、北九州のスペースワールドで催されたスターウォーズ展の会場で。

そのときの印象は、「思ったよりずいぶん小さいな~」というものでした。
長身の僕が操縦席に座ったら、頭がつかえてキャノピーが閉まらないんじゃないかと思いました。
いまさらながら、マークハミルって小柄なんですねぇ。ついでに言うと、ハリソンフォードも…


ところが、これは戦闘機なのに、ワープエンジンがついてるんです。
ワープエンジンって戦闘中は使わないので、どうみても無用の長物なんですが。
主人公機にありがちな、なんでもできるスーパーマシンなんですね。

まあ、反乱軍という性格上、大きな空母を持ってたら小回りが利かず、発見されやすいので
ワープ機能を持った戦闘機を主力に使う、というのは分からないでもないんですが。

2作目で、氷の惑星ホスから脱出したルークが、再集結地点に向かわないで、単身、惑星ダゴバに行くシーンがありましたね。
ヨーダに会うために。
このとき、ワープエンジンが役立ってます。

ところが、ホスからダゴバまではワープで何日かかるかご存知ですか?

手元に「STAR WARS The Roleplaying Game」というテーブルトークRPGの名作があるんですが、
それによると、ダゴバから主要な惑星までは、約30日かかるんです。
まあ、ホスも辺境にありますから、それより短い可能性はありますが…

30日も、あの狭いコクピットに閉じ込められて、話し相手はR2-D2だけ。
手足もロクに伸ばせない。はっきり言って、拷問です。

昔、3尺牢というのがありました。1辺90cm の木の牢屋に罪人を閉じ込めて放置したり、移送したり。
アレと同じですよ。X-ウイングでワープするということは。

交通の便の良いタトーウィンからアルデラン間ですら7日もかかる。
着いたころには足が萎えてて立てないこと間違いなしです。
僕なら願い下げですね。(え?そんなヘナチョコパイロットは反乱軍には要らない?)


まあ、これは設定をドンドン後付けしていったための無理なんでしょうが、こういうところ、結構あります。
スターウォーズがいくら膨大な予算を使って作られてても、やっぱりB級だなぁと思うのは、こういうところがあるからです。
そして、そう思うと嬉しくなっちゃうんです。
だって、正義の味方が悪の帝国を倒す話ですよ。やっぱこうでなくちゃ。

その点、エピソード1,2では、政治的駆け引きなんかが出てきたりして、ちょっとB級の爽快さが
損なわれているような気がして残念です。
まあ、それでも面白いんですけどね。
[PR]

by himaohimao | 2004-07-12 16:23 | 映画


<< 夏のソナタ      『アタック・オブ・ザ・ジャイア... >>