B級ブログ

himao.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 15日

魔法の国 ザンス シリーズ

a0032792_173319.jpgピアズ・アンソニーの書く、「魔法の国ザンス」シリーズは、愉快で一風変わったファンタジー小説です。

翻訳は、今のところ14巻まで出ていますが、1巻ごとに独立した話で、毎回主人公も違うので、1冊読むごとに満足できると思います。
(最近作では例外もあり)
とは言っても、1巻の脇役が2巻の主人公だったりしますので、順を追って読んでいったほうがいいんですが。


さて、本シリーズの魅力ですが…

まず、ファンタジーのくせに妙に理屈が通っているところ。

 たとえば、1巻の『カメレオンの呪文』では、冒頭で、ザンスの国の住人は、
 みんな1人につき1つだけ魔法の力がある、
 ということが説明されます。ところが主人公のビンクにはそれがない。
 彼はその謎を解くべく、旅に出るのです。

 すべてがこんな風に、まず設定が説明され、それに反する事象が出てくる。
 その謎を解き明かすことの連続で、話は進んでいきます。
 僕がこのファンタジーを「推理小説っぽいなぁ」と思う理由です。

  この人は他にも「キルリアン・サーガ」というSF3部作を書いているんですが、こちらも同じ手法です。
  変わったエイリアンがゴロゴロ出てきて楽しめるうえ、2,3冊目はなんとエイリアンが主人公です。


次の魅力は、全編が明るいユーモアに満ちているところ。
翻訳不可能なダジャレも大量に出てくるようで、それを解説したサイトなどもあるようです。
たとえば、ニッケルサソリという怪物が出てくるんですが、後で それより強いドルサソリが出てくる、というように。
(ニッケル硬貨より ドル紙幣の方が高価ですよね?)



とにかく 読中・読後感が良く、読んでる間中、僕はいつも澄み切った青空を見ているような気分にさせられます。
しっとりした情緒に欠ける、とか、女性キャラクターが美しく描かれすぎている、とか、批判はありますが、
この愉快さは、一度読んだら病みつきになると思いますよ。

できれば永久に続いて欲しい、お奨めのシリーズです。
[PR]

by himaohimao | 2004-07-15 17:19 | 小説本


<< 遠い駅      昨日の鉄人 >>