B級ブログ

himao.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 20日

『怪獣王ターガン』

a0032792_1321417.jpg

妻から一通のメールが送られてきた。
本文はなく、ファイルが添付されているだけ。
題名を見ると「頼むぞ、ヒューヒュー、ポーポー」とある。
あまりに怪しげだ。
一瞬、ウイルスかも知れぬと疑ったが、妻からのメールであれば、たとえウイルスであっても開かぬわけにはいかぬ。
あとで
「どーしてあなたのパソコン、ウイルスに感染してないの!」
などと理不尽な叱られ方をするのは目に見えているからである。

で、添付されていたのが上の画像です。
このとおり、6枚の画像が、既に 拡大・縮小して、連結してありました。
つまりこれは、
「私の大好きなヒューヒューとポーポーを皆様にご紹介しなさい」
という指示メールだったわけですね。
妻の指示は絶対である。早速紹介させていただきます。


『怪獣王ターガン(The Herculoids)』は、アメリカのハンナ・バーベラ社が製作したヒーローアニメです。
日本では65年前後に放送されました。
一説では、これにインスパイアされて「バビル2世」が描かれたとも言われています。

ハンナ・バーベラといえば、「チキチキマシン猛レース」「石器家族フリントストーン」「クマゴロー」などが有名ですが、
「ファンタスティック・フォー」や「ゴームズ」などのヒーローアニメも結構作っていたのです。

なかでも異色のヒーローが、このターガン。
特に 設定と、キャラクター達が変わっているので、そのへんを紹介したいと思います。


【設定】
 Herculois の一人であるターガンは、惑星Quasar にある Amzot land の王である。
 他に人間はおらず、モンスターだらけのこの国を、妻のマーミとともに治めている。
 しかし今日も宇宙からの侵略者が魔の手を伸ばしてきた。戦えターガン!
 というような話です。一応、SFなんですね・・・


【登場キャラクター】 (カッコ内はオリジナルの英語名です。上段中央の画像を見ながら読んでもらうと分かりやすいかも)

 ・ターガン(Zandor) Amzotの王。パチンコ(スリング)でエネルギー岩を発射し、
               ブーメランのように戻ってくる盾(シールド)を投げて敵をなぎ倒す。

 ・マーミ(Tara)   Amzotの女王。積極的に戦うことはしないが、いざとなれば パチンコ(スリング)でエネルギー岩を発射する。   

 ・ケーン(Dorno)   ターガンとマーミの子供にしてAmzotの王子。13歳。よくさらわれるw

 ・リキラー(Igoo)  岩類人猿。大きくて力持ちな岩猿。

 ・マリュー(Zok)   スペースドラゴン。
              目と尻尾の先からパワーレイズ(ビーム)を発射して攻撃する。
              また、目からネガビーム(防御ビーム)を発して敵の攻撃を無力化する。
              2人まで乗せて飛ぶことができ、恒星間飛行も可能。

 ・タングロー(Tundro) セラトプシアン・ダイノサウルス。サイのように見えますが、恐竜だったんですね。
                甲冑のような皮膚を持ち、重い体を10本の足で支えて素早く突進・体当たりすることができる。
                ツノからエネルギー岩を発射する。

 ・ヒューヒュー(Gloop) アメーバ状の不思議な生物。大きい方がヒューヒューで、小さい方がポーポー。
  ポーポー (Gleep) さまざまな形に変形でき、パラシュート、クッション、トランポリン、大きなパチンコなどになって
                ターガン一家を助ける。扉の隙間から侵入したり、鍵を開けたりすることもある。
                また、瞬時に数体に分身することもできる。
                ビームに耐性がある。


以上で紹介は終わりなんですが……

ナンかヘンだと思いません?
一応SFで、敵は宇宙船に乗って光線銃を持って攻めてくるのに、ターガン達はまるで原始人みたいな格好。
住んでいるのも大きなキノコみたいな植物の上。家電らしきものはまるでなし。
でもターガンは、敵の宇宙船だって操縦できる文明人なのですよ(画像右上)。 自分から進んで使わないだけで。

もしかしたらこれは、当時言われていた「機械文明へのアンチテーゼ」ではなかったかと思わせられます。

まあ、宇宙でターザンをやりたかっただけかもしれませんが。


最後にツッコミをひとつ。

この話には致命的な欠陥がひとつありまして、それは

「ヒューヒューとポーポーがいればほかのモンスターは必要ない」

ということです。

まさに「頼むぞ、ヒューヒュー、ポーポー」だったわけですね。
[PR]

by himaohimao | 2004-07-20 13:03 | アニメ


<< 灯台の幽霊      「腐女子の行く道、萌える道」が... >>