B級ブログ

himao.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コラム( 9 )


2004年 09月 13日

空中を泳ぐネコ

a0032792_16164324.jpg完全室内飼いの猫、ロデム(3歳♂)のことです。

ウチの窓という窓には見晴台を装備して、外が覗けるようにしてやってるんですね。

ところが1箇所だけ高窓がありまして、ここだけは人間に頼んで持ち上げてもらわなくちゃ外が見えない。

外で物音がしたらしく、普段鳴かないロデムが「アッ! アッ!」と声を出して催促。

持ち上げてやると、一刻も早く外を見ようと、前足を水車のように回転させて空中を泳いでいました。

いえ、ただそれだけです。ネコバカですみません・・・
[PR]

by himaohimao | 2004-09-13 16:15 | コラム
2004年 08月 20日

はみフン

a0032792_856278.jpg
今朝、爽やかな気分で目を覚ますと、リビングの真ん中に 茶色い小さな球状の物体が。

ウチのロデムの はみ出しウ○チだー!

急いで拾って、その場所をアルコールで消毒しました。

教訓 : はみフンは 小粒でもピリリと臭い


P.S.…さすがにブツそのものをUPするわけにはいかないので、何食わぬ顔をしたロデムの写真を載せておきます。
[PR]

by himaohimao | 2004-08-20 08:54 | コラム
2004年 08月 11日

僕のショートショートの書き方

一休さんのぶしさんシヴァさんR_76さんのトラボケの書き方に触発されて、私も企業秘密(?)を明かしてしまおうと思います。


「ボケではなく、ショートショートとは何事だ」という疑問は全力でスルーさせていただくとして。


僕の場合は…


まずお題をよく読みます。(当然ですね)

で、そこから5W1Hを想像します。

第10回トラボケのお題を例に取ると、寝ている2人は
いつ、どこで、誰と、どのようにして 寝ているのか 考えるわけです。

未来か過去か、現代か。昼か、夜か、それすら不明なのか。そしてそれはなぜか。

家のベッドか、山で遭難した雪洞でか、次元のはざまでか。そしてそれはなぜか。

2人は人間なのか、異性なのか、同性なのか、夫婦なのか、恋人なのか、実は1人なのか、他にも人がいるのか。そしてそれはなぜか。

寄り添って寝ているのか、ケンカ別れのようにして寝ているのか、寝たと錯覚しているだけなのか。
また、うなされているとあるが、どのようなうなされ方なのか。
そしてそれはなぜか。


さんざん想像したら、頭の隅で常にそのことを考えながら、アイディアが降りてくるのを待ちます。
アイディアは、風呂やトイレに入っているときに湧いてくることが多いです。

これらの間に思いついたことは、どんどんメモしておきます。これ重要。すぐに忘れちゃいますからね。


そのアイディアですが、オチを思いつく場合と、途中のシチュエーションを思いつく場合とがあります。
ここでは前者を帰納法、後者を演繹法と呼ぶことにしますね。


◎帰納法

  オチが命ですから、それを生かすように筋立てを考えます。
  するとそこから、最もインパクトのある導入部が導き出されます。

  この方式の場合、どうしても構成が後回しになってしまいますから、
  勢いにまかせて いったん書き上げたあと、オチに結びつく伏線をできるだけたくさん張るよう心がけます。
  ネタバレしないように全力を尽くすのはもちろんです。

  アイディア1本勝負の短い話になることが多いですね。

  トラボケに参加した拙作のほとんどは、この方式で書きました。


◎演繹法

  話の途中であろうと思われる 面白いシーンが浮かんだときに、この方式を使います。

  そのシーンを細かいところまで思い浮かべ、お題に反する部分をドンドン切り捨てていきます。

  「そのシーンがこうだから、その前後はこうなる。すると導入部はこうなって、オチはこうなる」
  という具合に発想を膨らませていくわけです。

  この方式だと、論理的につながった話になるので、長くなることが多いです。

  ちなみに今回参加した拙作「天使のような奥様」が、このパターンです。


ここだけの話ですが、その途中で、「こう展開すると がぜん面白くなるけど、お題に反する」ということになった場合、
ちょっとくらいだったら お題のほうを無視しちゃいます。内緒ですよ。


最後にタイトルをつけます。というのは、最初に考えた仮タイトルは、たいていネタバレになってしまっているからです。
これにはいつも悩みます。人目を惹くけどネタバレしない、というのは矛盾した要求なんですね。
いつもネタバレを避けて 地味なタイトルをつけてしまいます。



さて、次に大事なのが推敲です。

僕は、ショートショート(トラボケを含む)には、以下のものが大切だと考えています。(一部 星新一氏より拝借)

  ・目を引く導入部

  ・読者をグイグイ引き込んで行く中盤

  ・意外な結末

  ・意外と感じたけど、思い返してみると納得ゆく伏線

これらを念頭において、推敲します。

一気に書き上げた作品は、まだまだ穴だらけです。
何回も読み返して、チェックしていきます。

「てにをは」以外のチェック項目は 以下のとおり。

  ・途中でネタバレしてないか。(オチを予感させるだけでもNGです)

  ・作品中に矛盾はないか。(もしもボックスがあればドラえもんは必要ない等)

  ・読後に読者を納得させられるだけの伏線が張れているか。(伏線は多ければ多いほど良いと思ってます)

推敲は、できれば書き上げてから1週間以上たっていることが望ましいです。
作品のことを忘れてしまっている状態で読むのが理想的ですから。
せめて一回眠ってから、頭がスッキリした状態で推敲したいものです。



あとは人に読んでもらって、率直な感想を聞ければベストですね。
ただしここで気をつけなければならないのは、その人の好みを把握しておく必要がある、ということです。

どんなによくできた戦闘機乗りの話でも、恋愛小説を専門に読んでいる人に感想を聞けば、
「面白くない」
と言われるのが当たり前です。

その人の好みを踏まえた上で、どこが面白く感じ、どこがつまらなかったかを聞いて、
こちらの中で翻訳してやる必要があります。

要は相手の好みに合わせ過ぎず、自分が書きたいものの範囲内で、人の感想を参考にする、ということです。
人は結局、自分の好きなものしか書けないものですから。



以上、僕が普段心がけていることをまとめてみました。

僕は抜けた人間ですから、これだけ気をつけたつもりでも、できたものは穴だらけなんですけどね…




追記… あと、これは希望なんですが、トラボケでは48時間という時間制限があります。
    これだと資料を調べる時間がないんですよねー。
    1週間とは申しませんが、土日を含めたうえで、もう少し執筆時間をいただけるといいなーなんて思ったりして。

    今回の「天使のような奥様」は、オカルトコメディということで、
    世界の神仏妖怪や、古代日本の土着の信仰、神道などについて調べたかったんですが、
    大きな本屋や図書館に行く時間がとれませんでした。

    また、妻から「舞台を中世ヨーロッパにしたほうがいいのでは」というアドバイスをもらいましたが、
    これも上記の理由から断念。
    想像で書いてしまうと、中世ヨーロッパに詳しい読者に違和感を持たれてしまいますからね。

    いえ、私の書いているものが、トラボケの本道からはずれているということは百も承知です。
    まあ こういう奴もいるんだな、程度に聞き流しておいてくださいな。
[PR]

by himaohimao | 2004-08-11 06:07 | コラム
2004年 08月 03日

台風一過

a0032792_5573937.jpg数日前、台風が通り過ぎていきました。

被害に遭われた方には申し訳ないんですが、
家中の窓を開けておくだけで、風がビュウビュウ吹き抜けて、気持ちのいいもんでした。

ところが興奮したのがウチのロデム(3歳♂)。

風は吹くわ 音はするわで、同時にすべての窓を見張ろうとして東奔西走。
(写真)

それでですね、こいつ、身体があんまり強くないんですわ。
兄弟のなかでも一番成長の遅い仔を見かねてもらってきたんで、文句も言えないんですが。

で、やっぱり疲れが出て、翌日から風邪ひきさんですよ。
目のまわり 真っ赤に腫らしちゃって。

なんだか子供の頃の自分を見てるみたいで恥ずかしいです。
ちょっと熱が引いたら遊んでたもんなぁ。
で、翌日ぶり返したりして。

仔は親に似る ってことでしょうかね。
[PR]

by himaohimao | 2004-08-03 05:58 | コラム
2004年 07月 28日

僕が一番好きなジョーク

アメリカの、故ルーズベルト大統領が精神病院を慰問に訪れたときのこと。

浴室で、バスタブに釣り糸を垂れている患者がいた。

大統領が
「釣れますか?」
と聞くと、患者答えて曰く、

「釣れるわけないじゃありませんか。これは浴槽ですよ」
[PR]

by himaohimao | 2004-07-28 10:23 | コラム
2004年 07月 19日

「腐女子の行く道、萌える道」が更新されました!

超人気ブログ「腐女子の行く道、萌える道」が、約1ヶ月ぶりに更新されました!

面白おかしくも仲のいいヲタク家族 三谷家の日常を、女子高生ちずさんの目を通して描いた爆笑?ブログです。

未見の方は、過去ログの初めの方から読まれることをお奨めします。

ヲタクの方はヲタクネタに、腐女子の方は腐女子ネタに、そうでない方も仲のいい家族のおかしさに、きっと惹かれることでしょう。

ぜひ一度 訪問してみてください。


【追記】更新してから まだ12時間もたってないのに、コメントが100を超えそうです。
    しかも悪意の書き込みがほとんどない。みんな心から復活を待ってたんですねぇ。
[PR]

by himaohimao | 2004-07-19 08:33 | コラム
2004年 07月 17日

「減圧」を知っていますか?

宇宙を舞台にした映画やアニメでは、登場人物が宇宙服を着てすぐエアロックから宇宙空間へ飛び出していくシーンがありますね。
あんなことをすれば、人間はすぐに死んでしまいます。

それを防ぐために、実際の宇宙飛行士は、船外活動前に、半日から1日以上かけて、「減圧」という大変な作業を行います。
今日はそれについてお話ししようと思います。

スペースシャトルを例にとれば、船内の気圧は1気圧です。(貨物室を除く)
外の宇宙空間は、もちろん0気圧です。

1気圧のところから0気圧のところに出れば、酸欠はもちろんですが、血液中の窒素が沸騰して、
血管が詰まって、人間は死んでしまいます。潜水病と同じことですね。

では、宇宙服の中を1気圧にすればいい。

ところが、服というものは、圧力がかかればかかるほど、破れやすくなりますよね。
そのうえ、服が内圧でパンパンに張ってしまって、関節がほとんど曲がらなくなるなど、
極度に動きにくくなっちゃいます。

そこで現在では、以下のような手順で減圧を行っています。

  1.純酸素を吸って血液内の窒素を追い出します。(約1時間)

  2.スペースシャトル内部の気圧を0.7気圧まで下げます。(12~24時間)

  3.船外活動予定者は、人に手伝ってもらって船外活動用宇宙服を着ます。
    これは、今のところ、宇宙服が1人で着れる作りにできないためです。
    宇宙服のチェックも入れて、約1時間かかります。

  4.宇宙服に純酸素を満たし、血液中の窒素を追い出します。(約1時間)

  4.そしてエアロックに入ります。
    ここで0.3気圧まで減圧します。(5分程度)
    
以上が終わればエアロックの空気を抜いて、0気圧の宇宙空間に出て行けるわけです。

全部で15~27時間強の行程です。

このことに触れた映画やアニメや小説は少ない。

たまに「減圧剤」なる薬が出てきて、それを飲めば減圧作業は不要、という設定のものもありますが、
「減圧剤」が体のどこにどう作用するのかまったく説明がありません。

例外的に、『プラネテス』というアニメでは、1気圧宇宙服というのが登場しています。
これは文字通り宇宙服の中が1気圧なので、服さえ着れば、すぐに宇宙に出て行けます。

前述の、服が破れやすくなる現象は、服の外側を強化素材でガッチリかためることで対応しています。
服が膨れ上がる問題も、これで解決です。 

これからは、せめて近未来SFだけでも、この問題に触れて欲しいと思います。

というのは、先月、宇宙でこんなトラブルがあったからです。

このとき、僕は
「うわ、減圧に半日から1日もかけたのに、宇宙に2分しか出られなかったのか。かわいそう!」
と思いました。

ところがニュースキャスターも、テレビを見ていた周りの人も、
「ふーん、残念ね」
といった とおりいっぺんの反応で、まるで「着替える手間が大変そう」くらいにしか感じていないように見えました。
このあと友人たちに聞いてまわったんですが、ちょっとSFに造詣がある人でも、同じ反応でした。

これじゃあ宇宙飛行士たちが浮かばれない。
船内に戻ったあとも、今度は加圧の工程が待っているというのに。
人類のパイオニアがかわいそうだ。
そう思って、この1文を書くことにした次第です。


(本文中に間違い等あればご指摘ください。ただちに書き直します。)
[PR]

by himaohimao | 2004-07-17 04:50 | コラム
2004年 07月 08日

ひまおの正体

一部で、ほんのごく一部で話題になっている(なっているのか?)私の正体ですが、
ただのインドア人間です。インド人ではありません。
妻とネコの3人(3匹?)で、社会の隅でひっそりと暮らしております。

その昔、ネットがパソコン通信と呼ばれていたころ、ニフティサーブで お笑いとエッチとSFのフォーラムを徘徊しておりました。
その後、ホームページ全盛になってから、通信環境の不備もあって、ネットからは遠ざかっていたのですが、つい先日ブログを知り、
「もしかしてこれはパソ通時代のノリと似ているかもしれない!」
と思って飛び込んだ次第です。

実際、まだ短いブログの歴史をひもといてみると、ブレイクしたのは
ニフティがココログのサービスを開始してからというじゃありませんか。
私のように機械オンチのネットワーカーは、それまで、人のホームページを指をくわえて見ていたに違いありません。
それがキャリア提供のブログという舞台を得て、一挙にサイトを開設したのではないでしょうか。
ではなぜ このブログがココログではなくてエキサイトブログなのか。
ニフティのIDなんて、とっくの昔に解約しちゃったからだyo~
だって、@Niftyなんかに浮気しちゃうんだもん。ニフティの莫迦~!(夕日に向かって走る)

で、最近、いろんなブログを見てまわっておりますと、ニフティ時代の懐かしいお名前がチラホラと…
「同志、あれからもう何年もたつけど、ここでがんばっていたんだなぁ(涙)」
と感慨が深かったです。
日記形式というのは、家庭持ち社会人にはつらいところもあるけれど、とりあえず今は

  ブログ万歳!

という気持ちですね。

まだ立ち上げたばかりだし、飽きやすくて気分屋の私のこと、先行きどうなるか分かりませんが、
とりあえず、ボチボチやっていこうと思っております。
みなさん、どうぞよろしゅうに。


【業務連絡】
昨夜、ようやくリンクの貼りかたを知りました。
それまでは、全部 エクスプローラーのブックマークに入れて、上から順に廻っていたんです。(まぬけ~)

というわけで、巡回させていただいているサイト様には 勝手にリンクを貼らせていただきました。
本来ならコメント等で1人1人にご挨拶すべきところなんでしょうが、20個近くもあるし、もう挨拶しちゃったところも
あるし、どこに挨拶してどこにしてないか覚えてないし(鳥頭なもんで)で、ご挨拶を欠礼させていただきます。

「リンクは困る」という方がおられましたら、当人いたって気の小さいヤツですので、やさしく
「勝手にリンク貼るなんて、なにナメたマネさらしとるんじゃワレー!」
と仰ってください。ただちに、即座に、瞬時に はずさせていただきます。
[PR]

by himaohimao | 2004-07-08 10:11 | コラム
2004年 07月 07日

URL占い

ZeroMobileさん経由、naohさんのところで教えていただいた、URL占いをやってみました。
結果は…

>ひまお さんのサイトは 一日6ヒット サイトです!

>● あなたのサイトのURLは、一日6ヒットくらいしかしない、ショボショボサイトの可能性が高いです。
>単なる自己満足だけのために、サイトを作っていませんか?
>アクセス向上のためには、訪問者を楽しませる不断の努力が不可欠です。
>またたまには自分のエロい写真なんかを載せてみてもいいかもしれません。

とほほほほ~。
まあ、当たっているから文句も言えませんが。ていうか、当たっているところがすごい!


ふと思い立って、妻がやっている完全会員制の非公開掲示板でもやってみました。

>むぎ(妻のハンドルネーム)さんのサイトは メガヒット サイトです!

>● あなたのサイトのURLは、メガヒット、つまり100万アクセス以上のヒットをする可能性が高いURLです。
>とはいえ、内容がないとそれもなかなか難しいので、こまめな更新やプロモーション>の努力も、忘れてはいけません。
>また大ヒットをしても決して浮かれすぎないよう、日々自制心を養っておきましょう。

ちょっと!奥さん! あなたのサイト、会員6人ぐらいしかいないでしょ!
しかもそのうち1人は僕でしょ!
それがなんでメガヒットサイトなのよ…

これでまたひとつ亭主の権威が地に落ちましたorz
[PR]

by himaohimao | 2004-07-07 19:38 | コラム